Articles

春の学会シーズンが終わりました!
2018/06/30

はじめまして、JOBKのメディア史研究会の後藤です。

さまざまなタスクに追われながらも、研究者にとって、学会への参加は研究成果をまとめ、フィードバックを得られる貴重な場です。所属する学会にもよりますが、その多くは春(6月頃)と秋(10月)に開かれます。
(国際学会は長期休みを「有効に」使えるよう設定されていて、少し異なります。)

さて、そんな春の学会シーズンの終わりに近づいた6月23・24日に、学習院大学で開催された日本マス・コミュニケーション学会に参加してきました。
一日目には、共同研究者の丸山さんが、ここ半年間集中的に取り組んでいたラジオ・ドキュメンタリーについての分析を報告されました。残念ながら私は勤務のため当日、参加できませんでしたが、予稿集はアップされていますので、ぜひ、みなさんもご覧になってください。
http://mass-ronbun.up.seesaa.net/image/2018spring_C1_Maruyama.pdf

二日目からの参加となった今回は、若手セッションとワークショップに参加してきました。
時間に余裕をもって出かけたものの、当日の会場変更があったことを知らずにいたため、急いで移動したのはご愛嬌ということでしょうか。
ただし、そこは学会。息を整えて開始を待っていたところ、開始早々から活発な意見が出されました。
とくに参加した若手セッションでは、若手って誰を指すの?若い研究者のニーズってどんなもの?そもそも学会の意義って?など、刺激的な話題が提示されました。
そうそう、そうだよね!と頷くテーマや、そうなのかな?と首をかしげるトピックもあり、自分の立ち位置を改めて考える機会になりました。
最近、様々な学会で、こうした「若手」企画を見る機会が増えました。
そうした試みが実を結ぶのを、直接・間接問わず、どのような形で支えられるだろうと、学会の帰路に考えました。

私自身は、6月初旬に松山大学で開催された関西社会学会でJOBKと秋田実についての学会報告をおこないました。
フロアの方々からコメントを頂戴し、今後の課題が明らかになりました。
これらの課題をクリアして次のステップ、すなわち論文執筆に進みたいと思っています。
こうした、課題の発見とモチベーションの増進は学会参加ならではの意義ですね。

ひとまず2018年春の学会シーズン終了です。次の学会に向けて、インプットとアウトプットをバランスよく続けたいと思います。

Previouce

放送博物館で調査をしています!

JOBKのメディア史研究会の丸山です。 今回のフィールドレビューは、私たちJOBKのメディア史研究会がとてもお世話になっている放送博物館を紹介します。 放送博物館は、文字どおり、放送の歴史について様々な資料を収集・保存・…

Next

関西調査を実施しました!

こんにちは、JOBKのメディア史研究会の丸山です。 Articleの更新が遅くなってしまいましたが、2月28日〜3月2日と5月19日〜20日に関西調査を実施しました。
 まず、2月28日〜3月2日に実施した調査について報…